犬に論語

道理を説き聞かせても益のないことのたとえ。
同様の諺で、フランスに「ロバにシャンソン」というものがあるそうですが、本当でしょうか。
フランス人の方、教えてください。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< あの人は今 | main | 「カッコイイ」とはなにか。 >>

斉藤和義の『ずっと好きだった』を聴くとザ・モップスの『たどり着いたらいつも雨ふり』を思い出すのだよ。

ぜんぜん似てないけど。

初めてこの曲を聴いたとき、
すごく良いなあって思ったんだけど、
何度か聴いているうちに、
良いんだか悪いんだか、
かっこいいのか悪いのか、
よくわからなくなってきた。
なんだかすごく微妙な感じだ。
ビートルズっぽくしているから
余計に微妙な感じだ。

化粧品のCMソングとしてハマりすぎている。

何かの曲にも雰囲気が似ているんだよなあ。

カラオケで斉藤和義を歌うとモテるらしい。

あと、ずっと好きだったとしても
「ずっと好きだったんだぜ」って
言わない方が良いと思う。

- | comments(1) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -
この記事のトラックバックURL
http://dog.jugem.cc/trackback/1231
この記事に対するトラックバック