犬に論語

道理を説き聞かせても益のないことのたとえ。
同様の諺で、フランスに「ロバにシャンソン」というものがあるそうですが、本当でしょうか。
フランス人の方、教えてください。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 経済的な理由で今年は遠征を控えようと思っているので、迷ったら行かない。 | main | なゆゆ >>

大金をかけなくても楽しいライブは工夫次第でいくらでも出来る。

posted at 14:07:55  削除

気持ちが高まっているから大げさな感じがするけど、℃-uteは「楽しさの性質」で言ったら山下達郎さんや渋さ知らズや昔のCKBに近いのかもしれない。

posted at 13:59:08  削除

ぜんぜん書き足りないし、思ったことをぜんぜん上手く表現できていないし。寝不足で朦朧としているから。また書くと思う。こういうことは何回も書けばいいと思う。

posted at 13:51:08  削除

最近、夢にも出てくるし、きのうも何度か俺と目が合ったので愛理は俺に気があるんだと思う。って思わせる愛理のアイドル力。ちょっとした仕草や表情のかわいさに女の子も惹かれるのはわかる。

posted at 13:48:52  削除

でも、岡井ちゃんの顔を見ていると(いい意味で)面白くって、思わずこっちの顔もほころんで幸せ。

posted at 13:43:34  削除

かといってそういう演出上のギミックに頼るわけではなく、あくまで歌とダンスで魅せる。無駄なMCもないし。なんだろうなあ、℃-uteの歌とダンスの楽しさって。本人たちが楽しそうにやっているように見えるからだろうか。本当のことはわからない。

posted at 13:41:31  削除

5枚のLEDパネルを使った演出というのはパネルの裏に行くとパネルの中にその人が表示され、瞬間移動したかのように見せるもの。他の人もやっているのかもしれないが、ユーミンの「TEARS
AND REASONS」ツアーでも似たようなことをやっていた。たぶん。うろおぼえ。

posted at 13:32:44  削除

その間に「羽田基準」ってのが自分の中に出来てしまったからな。

posted at 13:28:14  削除

sonarはとても興味深かったし面白いところもいくつかあった。でも、正直なところあまり楽しいとは思わなかった。これは2004年のsonarからずっと自分の中で続いている問題と絡み付いて、これからすっと考えていかなければならないことなので、またいつか。

posted at 13:27:43  削除

5枚のLEDパネルもそんなに良いものじゃないと思う。前日に観たsonarでのスクエアプッシャーのステージ一面のLEDはやっぱりあれだけで驚きがあるし面白かった。ただ、楽しかったかというとそうとも限らない。

posted at 13:21:16  削除

フラッグパフォーマンスは失敗したり成功しても綺麗に成功していたわけじゃない。でも、それでいいと思う。完璧なフラッグパフォーマンスが出来ることを前提に観に行ったら多少の粗も気になってしまうだろう。「不気味の谷」みたいな。だからあれでいい。楽しいから。

posted at 13:15:02  削除

なぜフラッグパフォーマンスをやったのかわからない。いつもの歌やダンス以外の「芸」を見せたかったのだろう。舞台に上がる人として。あのLEDパネルを使った演出もそう。

posted at 13:08:48  削除

ヴィジョンがないのはたぶん、おカネの問題だろうけど。数えたわけじゃないけど、照明の数も少ないような気がした。でも、その照明をすごく効果的に使っていた。K.U.F.Uだよ。

posted at 13:04:50  削除

℃スマの時もそう思った。ヴィジョンはヴィジョンで舞台演出上、非常に有効は役割を果たすが、なきゃないでいい。

posted at 13:02:01  削除

℃のライブにヴィジョンがないのは賛否あると思うけど、それによってよりライヴ感が増したように思う。100%生身の彼女たちに視線が行くから。そしてその視線に耐えられることを彼女たちは出来ている。

posted at 12:59:50  削除

舞美ちゃんの大量の汗のしぶきが飛び散る様を始めて見た。あれ、ホントにスゴイね。卑猥な例えを思いついたがやめる。

posted at 12:53:27  削除

なっきぃの歌の素晴らしさは顔で歌っているところ。あのクルクル変わる表情としなやかな肉体の躍動を観ているとホントに素敵な歌に聴こえる。ソロで歌っているとき「1974」のりっちゃんを思い出した。

posted at 12:50:52  削除

原発のロックンロールの話とかホントにどうでもいい。「ロック」とか「ヒップホップ」とかって言葉が出ると反射的に茶々を入れる。twitterのそういうノイジーなところが面白いのだけど、なんかもうめんどくさい。だったらリムーブするかtwitterをやめたらいい。簡単な話だ。

posted at 12:40:40  削除

溢れ出た時にね。

posted at 12:01:48  削除
- | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://dog.jugem.cc/trackback/1431
この記事に対するトラックバック